ストレスチェックとは

ストレス社会といわれて久しい現代、特に、仕事上のストレスによって体調を崩す方が増えています。

仕事によるストレスにはさまざまなものがありますが、人間関係の悪化によるストレスはかなりの部分を占めています。
上司や同僚、部下など社内での人間関係のこじれや、取引先の人とのいざこざなどで、深いストレスを負うケースがよく聞かれます。
また、近年では、全国的に人手不足の会社が多いこともあり、自分で処理できるを大きく超える業務を抱え込むことによって、過労によるストレスで体を壊す場合も多いのです。

仕事上での人間関係の悪化や過労などの問題は、本来、会社が早期に把握して状態が悪化することを未然に防止することが好ましいのですが、実際には会社が従業員の一人一人の状態を完全に把握することは難しく、実際に従業員の体調が悪くなって、はじめて問題に気づくことも多いのです。

ストレスチェックが勢いに乗っています。

そこで、従業員の健康維持などの観点から、厚生労働省の主導により、近年、ストレスチェックという制度が新たに導入されました。

このストレスチェックは、従業員一人一人のストレス状態の事前把握のために行われます。

具体的には、ストレスチェックでは、まず、各々の従業員に対して、ストレスに関する設問が記載された質問票が配布されます。


各従業員は、現在の自分の状況をよく考えながら設問に回答していきます。


回答された質問票は、会社とは別の第三者機関によって回収され、医師等の専門家によってストレスに関する診断がなされます。



診断の結果、かなり強いストレスを受けていると判断された人については、速やかに医師との面談が行われ、これ以上状態が悪化しないための方策が話し合われることになります。