これでストレスチェックが簡単に分かります

従業員が50名以上いる企業は、ストレスチェックを実施しなければいけないという制度があります。

最新のストレスチェックの情報収集がもっと楽になります。

これは労働安全衛生法に基づくもので2015年12月から施行されました。


ストレスチェックは従業員が抱えるストレスを客観的に確認できます。
ただ確認するのではなく原因となる職場環境を改善させたり、従業員が精神的に病気にならないように予防が可能になります。
また職場環境が改善されて従業員のストレスが減少すれば、職場への満足度や意欲向上にもつながるという事にもつながります。ストレスチェックの流れは、国で決められた質問を従業員に回答して貰います。

個々のストレス状況を評価して、それぞれに報告します。


この時必ず他の人には情報が漏れないように配慮することが決まりとなっています。


高ストレス状態と判断されたら、対象者に医師の面談や指導が必要であることが伝えられます。



面談や指導は強制ではなく、対象者の申し出があり初めて実施されます。



企業は高ストレス状態に対して、適切な対策をとる必要があります。


必要があれば就業時間の調整や部署の変更、そして職場環境を改善させて全てを労働基準官署へ報告する事になります。

プライバシーはしっかり守られストレスチェックの情報が就業環境に悪影響を与える事がない様に、不当な部署の変更や解雇などは禁止されています。

また従業員に強制的にストレスチェックを受けさせる行為も禁止されていいるので、導入の際には注意が必要です。